×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

人なつっこいアメリカンショートヘア!

魅力
通販
飼育法
飼育の水槽
ティアラの特徴と飼い方
ベタの特徴と飼い方
グッピーの特徴と飼い方

 熱帯魚

しつけ
トイレ
噛み癖
マーキング
鳴き声
夜鳴き
つめぎ

 猫しつけ

マンチカン
ロシアンブルー
ソマリ
スコティッシュホールド
アビシニアン
シンガプーラ

 猫の種類
猫のペットを飼うのなら、「アメリカンショートヘア」はオススメですね。

オス猫ならば特に人なつっこくて、毛並みも体格も立派です。

「アメリカンショートヘア」は、血統猫の魅力を感じさせてくれるところが飼っていても、満足させてくれます。

性格面では、メス猫よりオス猫の方が甘えん坊なので、飼っていても楽しいと思います。

「アメリカンショートヘア」は強力で大きな脚を持つ中型の猫で、ペットとしての猫においては特に人気が高いです。
顔の形は鼻・口の部分がほぼ四角い形をしており、寒さ、湿気、および表皮負傷から身体全体を保護するために硬い毛皮を身にまとっています。

アメリカンショートヘアは抜け毛があるのですが、毛皮は冬に厚くなり、春には薄くなりますので、毛皮の手入れをしてやると良いです。
同系のブリティッシュ・ショートヘア種より体重が軽いですが、ワーキングキャットなどとも呼ばれ、がっしりとしたところも特徴のひとつです。

「アメリカンショートヘア」の歴史としては、1620年にイギリスからメイフラワー号に乗ってアメリカにやってきたのですが、ピューリタンが連れてきた数匹の猫の末裔であると言われています。
なぜ船に乗せられて来たかといいますと、ワーキングキャット、即ち船倉に巣くうネズミから食料を守るためだったようです。

ワーキングキャットらしく、見た目以上に体型はがっしりしとしていて、筋肉質の体型で、ねずみを狩る腕前は確かなようです。

「アメリカンショートヘア」の特徴であるタビーと呼ばれるストライプの柄は、20種以上の色が認められていて、更に、細かくひとつひとつ数えると80色以上が公認されているのです。
たくさんのカラーの中でも人気が高いのは、銀色の中に黒の縞模様があるシルバー・クラシックタビーといわれる種類だそうです。
クラシックタビーは突然変異で誕生したとも言われています。

基本的に「アメリカンショートヘア」は物怖じをしない、温厚な性格なので、子供や犬ともすぐに慣れるので飼い易く、それも人気ナンバーワンの理由のひとつとも言えるでしょう。
「アメリカンショートヘア」の日常の飼育は、日頃からブラッシングしていれば特別な手入れは必要ないようです。
室外での放し飼いなどはしないで、室内で明るく活発に、毎日元気に一緒に遊んであげることを日課にすると良いでしょう。

アメリカンショートヘアは、以前は珍種の部類でしたが、漫画のWhat'sマイケルのモデルに使われたりして、今や大変人気の高い猫となりました。
綺麗な縞模様や、人なつっこさは他の猫を寄せ付けない可愛らしさがありますね。
猫の写真集には、必ずといって良いほどこのアメリカンショートヘアは使われ、親しみが大変湧く猫です。

無駄吠え
噛み癖
散歩
留守番
しつけ相談
しつけ教室
ウンチ

 犬のしつけ

Copyright (C) 2008 ホームページタイトル. All Rights Reserved.

プライバシーポリシー