×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

猫のマンチカンは短足がかわいい!

魅力
通販
飼育法
飼育の水槽
ティアラの特徴と飼い方
ベタの特徴と飼い方
グッピーの特徴と飼い方

 熱帯魚

しつけ
トイレ
噛み癖
マーキング
鳴き声
夜鳴き
つめぎ

 猫しつけ

アメリカンショートヘア
ロシアンブルー
ソマリ
スコティッシュホールド
アビシニアン
シンガプーラ

 猫の種類
マンチカンという猫を知っていますか?

特徴は、短足の脚、くさび型の顔、くるみ型の眼、なかなか可愛い奴なんですよね、これがまた、、、

短足の脚は、突然変異というやつらしくて、まだはっきりとはしてないのですが、この短足が何ともいえなく面白いんですよね。

ダックスフントを連想させる猫と言うのもどことなく奇妙です。
マンチカンと言う猫の歴史についてですが、1953年にドイツで初めて短足の猫が目撃されたのが始まりだそうです。

その目撃以降でも、短足の猫は欧米各地で確認されましたが、品種としてはなかなか固定されませんでした。

現在のマンチカンと言う猫の品種の確定は、1983年にアメリカ・ルイジアナ州で発見された突然変異の個体から交配を繰り返しながら、固定された猫種でもあります。

その姿は短足で、愛嬌ある顔立ち、そしてとても活発な猫なんです。

木登りが得意でもあり、狩りの名手なのだそうです。

現在、マンチカンと言う猫は研究中の猫なので、被毛や目の色に明確な基準がありません。

四肢がダックスフントのように短いのが特徴と言うところが、猫としては面白いと言えるでしょう。

おとぎ話に出てくる「マンチカン」という妖精のように、一種独特で不思議な魅力を持つ猫でもあります。

よく突然変異で発生したと言われていますが、残念ながら正確なルーツなどは分かっていません。

特徴としての、脚の短さの突然変異については遺伝的に優性だと思われています。

しかし、はっきりと確立されてはいなくて、マンチカンから出生した子猫の中で、前後の脚が短い特徴を示す確率は、2割程度だと言われています。

しかし、仮に身体的な特徴が現れなくて、手足が短くないマンチカンであっても、TICAではマンチカンより生まれた子猫は、マンチカンとして血統登録しているようです。

ただし、身体的な特徴が現れないマンチカンは、血統書にマンチカンと明記されない限り、品種を識別する事は大変に難しいのだそうです。

ちなみに、マンチカンの毛の手入れとしては、短毛種なので、それほど念入りなお手入れは必要ありません。

さほど手入れの必要がなくても、健康チェックも兼ねて身体をさわってあげ、マンチカンとのコミュニケーションを図るのも大切なことです。

無駄吠え
噛み癖
散歩
留守番
しつけ相談
しつけ教室
ウンチ

 犬のしつけ

Copyright (C) 2008 ホームページタイトル. All Rights Reserved.

プライバシーポリシー