×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

猫のしつけは知恵、工夫、愛情、そして忍耐

魅力
通販
飼育法
飼育の水槽
ティアラの特徴と飼い方
ベタの特徴と飼い方
グッピーの特徴と飼い方

 熱帯魚

トイレ
噛み癖
マーキング
鳴き声
夜鳴き
つめぎ

 猫しつけ

マンチカン
アメリカンショートヘア
ロシアンブルー
ソマリ
スコティッシュホールド
アビシニアン
シンガプーラ

 猫の種類
しつけができるのだろうかと、いぶかしげに思っている人は多いと思います。

猫は犬と比べたら、言うことを聞かない自分勝手な性格をしていますが、幼子に付き合うようにしてあげると、猫も自覚してきて、飼い主の言うことを聞くようになるようでなので、かなり忍耐が必要なようです。

また、飼い主が我慢できなくて、あまり叱ってばかりだと猫もストレスが溜まってしまい、しつけにならないのです。

猫のしつけは、飼い主においても知恵、工夫、愛情、そして忍耐が必要なのです。

完全な室内猫に育てたいのでしたら、普段から猫に話しかけるようにし、一緒に遊んだりスキンシップをこまめに取って上げることが大切なのです。

意外なことかもしれませんが、猫はしっかりと飼い主を見ているので、飼い主の話していることが理解できるのだと言われています。

ですから、勝手に外に行くのを見つけた時などは「外は恐いよ!」などと、注意を呼びかけてあげる、など、人間と同様のコミュニケーションを取るように心がけておくと、安心できます。

もし、呼びかける前に出てしまった時は、決して、走って追いかけたりするようなことはしないようにしましょう。

飼い主の行為に対し、猫は警戒心ばかりが先立つようになってしまうからです。

いけない事を猫がしてしまった時、手間が掛かるようですが、その行為をやめるように猫の顔をジッと見てあげて、幼い子供に言い聞かせるかのように繰り返し、面倒を見てあげる事が大切なのです。

そして、ダメなものはダメ!と覚えさせること。

しつけに従った時は、犬のしつけと同様に猫の頭を撫でながら、誉めてあげることが大切なポイントになります。

すぐ覚える猫・そうでない猫など、様々いるかと思いますが、飼い主が根負けしてしまえば猫の勝ちとなり、「いずれ飼い主の方が折れるだろう」と猫は理解するのだと言われています。

猫自身がしてはいけない事を理解すると、いけない行為をする前に、飼い主の顔色をうかがうようになります。

そうなればしめたもので、あとは睨むだけで効果が十分にあります。

もともと猫はマイペースでな性質なので、自分が一番と思っていて、どのような飼い主に対しても絶対に服従はしなくて、サラッとした友達間隔の態度を取るのが普通なのです。

猫のしつけは、犬のしつけよりも忍耐が必要ですが、猫自身が理解すれば、しつけは十分にできます。

飼い主がしつけを投げ出したりしなければ、猫にもしつけはできます。

無駄吠え
噛み癖
散歩
留守番
しつけ相談
しつけ教室
ウンチ

 犬のしつけ

Copyright (C) 2008 ホームページタイトル. All Rights Reserved.

プライバシーポリシー