×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬のウンチのしつけは大丈夫です!

魅力
通販
飼育法
飼育の水槽
ティアラの特徴と飼い方
ベタの特徴と飼い方
グッピーの特徴と飼い方

 熱帯魚

しつけ
トイレ
噛み癖
マーキング
鳴き声
夜鳴き
つめぎ

 猫しつけ

マンチカン
アメリカンショートヘア
ロシアンブルー
ソマリ
アビシニアン
シンガプーラ

 猫の種類
ぺったんこの折れた耳が愛くるしいが、「スコティッシュフォールド」です。

折れた耳のおかげで、顔がまん丸で愛嬌たっぷりなのが、人気の秘密ともいえます。

活発に走り回ると言うタイプではなく、家族のそばでごろごろするのが好きなのんびり屋タイプの猫さんです。

お手入れもさほど面倒ではないので、お気軽に飼うならオススメの猫と言えます。

ところで、猫の「スコティッシュフォールド」と言う品種の歴史は、1961年にスコットランドで見つかった「スージー」と呼ばれる耳の折れた白いメスの家猫の子孫からだと言われているようです。

名前の先頭に「スコティッシュ」という名前づけがされていますが、品種として猫の血統登録団体に公認され確立されたのは、見つかってすぐにではなく、アメリカでの繁殖プログラムによって健康な猫種として固定されて以降のことなのだそうです。

「スコティッシュフォールド」の特徴としては、筋肉質で強固なしっかりとした身体です。

見た目は、大きな目に対して、小さな垂れ下がった耳が可愛らしいです。

この「垂れ下がった耳」こそが「スコティッシュフォールド」の最大の特徴でもあります。
しかし、「垂れ下がる耳」の発生確率はおよそ30%ほどでしかなく、特異的でもあります。

通常は、生後3週目くらいから耳が垂れ始めます。
ストレスや病気などにより、またもとの立ち耳に戻ったり、それからさらに垂れ耳に戻ったりと、成長過程や環境で、変化することもしばしばある様なので、垂れ耳に対しては、あまり気にしない方が良いでしょう。

被毛の特徴ですが、短毛・長毛どちらも、被毛は密生していて弾力があります。
アンダーコートが少なくシルキーな手触りは、とても素敵な感じでしょう。

「スコティッシュフォールド」の毛色は、全て認められていますから、毛色で血統が違うと言うことはありません。

性格は温和で穏やか、人なつこく、大きく開いた目は表情豊かで愛嬌たっぷりと、ペットで飼うにはうってつけとも言えます。

また、お茶目なところもあり、とても扱いやすいネコでして、特別な運動なども必要なく一緒に遊ぶ程度で良いようです。

食事についても、特別に神経質になる必要はなく、いわゆるキャットフードなどの普通の食事で大丈夫のようです。

毛のお手入れもあまり神経質になる必要はなく、朝晩1回づつのブラッシングをする程度でよく、毛玉が出来にくくするくらいでよいようです。

無駄吠え
噛み癖
散歩
留守番
しつけ相談
しつけ教室

 犬のしつけ

Copyright (C) 2008 ホームページタイトル. All Rights Reserved.

プライバシーポリシー