×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ロシアンブルーは貴族に飼われる猫!

魅力
通販
飼育法
飼育の水槽
ティアラの特徴と飼い方
ベタの特徴と飼い方
グッピーの特徴と飼い方

 熱帯魚

しつけ
トイレ
噛み癖
マーキング
鳴き声
夜鳴き
つめぎ

 猫しつけ

マンチカン
アメリカンショートヘア
ソマリ
スコティッシュホールド
アビシニアン
シンガプーラ

 猫の種類
猫の種類の中でも「ロシアンブルー」は、その名のとおり、猫としては気高さを感じるとても綺麗なです。

性格としては、警戒心が強く、シャイな猫が多いようで、細身の身体と端正な顔つきは、気取りやさんらしい雰囲気を醸し出していて、とても人気があります。

「ロシアンブルー」は、ロシアで自然発生した種類の猫だと言われていますが、この猫種と呼び名が定着するまでには、たくさんの諸説がありはっきりしませんでした。
以前は別名に「アルハンゲルキャット」(英語でアークエンジェルキャット)と呼ばれいました。

この呼び名は、ロシアのアルハンゲル島を起源とする説とか、あるいは、ロシアの港アルハンゲリスクからイギリスや北欧の人につれてこられたのだという説が、元になったと言われました。

それらの諸説ごとに、その発生に基づく呼び名がつけられ、「フォーリンブルー」、「スパニッシュキャット」、「マルティーズキャット」などと呼ばれ、20世紀初頭のアメリカでは「マルティーズキャット」として知られていました。

ところで、「ロシアンブルー」の特徴は、輝くようなグレーの毛色と神秘的なグリーンの目を持つ気品のある美しい猫で、セレブの女性のペットに似合うような猫でもあります。

その毛色の美しさから「幸せを呼ぶ猫」とも呼ばれており、繊細で心優しき猫好きな人々に長く愛され続けています。

特に、イギリスの王室でも愛された猫種としても知られています。

神秘的な響きの「ロシアンブルー」と言う名を持つこの美しい猫種は、世界的にもその数が少ないので、「世界の珍種」として日本ばかりでなく諸外国でも、とても大切に扱われているのです。

猫の抜け毛が気になるという方でも、「ロシアンブルー」は繊細な毛並みで短毛種であることから、さほど抜け毛が気にならないことでしょう。

毛並みのお手入れもとても簡単に済むので、抜け毛で困ることは少ないでしょう。

「ロシアンブルー」は発情期のシーズンを除けば、ほとんど鳴かないとても静かな猫種なので、近所の迷惑になることが少なく、マンションなどで飼うにも良い猫と言えます。

ロシアの貴族に愛育されただけあって、「ロシアンブルー」を普通に飼うというのは、似合わないような気がします。

その毛並みの良さや、宝石のエメラルドより美しく輝くと言われるグリーンの目からしても、お金持ちの家で飼われる猫と言う雰囲気を持った猫と言えますね。

無駄吠え
噛み癖
散歩
留守番
しつけ相談
しつけ教室
ウンチ

 犬のしつけ

Copyright (C) 2008 ホームページタイトル. All Rights Reserved.

プライバシーポリシー