×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

猫のトイレのしつけは、最初が肝心

魅力
通販
飼育法
飼育の水槽
ティアラの特徴と飼い方
ベタの特徴と飼い方
グッピーの特徴と飼い方

 熱帯魚

しつけ
噛み癖
マーキング
鳴き声
夜鳴き
つめぎ

 猫しつけ

マンチカン
アメリカンショートヘア
ロシアンブルー
ソマリ
スコティッシュホールド
アビシニアン
シンガプーラ

 猫の種類
トイレでお悩みの方、トイレのしつけ方法が分からない方、結構いらっしゃることでしょう。

猫の尿や便は、犬で言うところのマーキングと同じなので、マーキングはどこにしたら良いのかしっかりとしつけることが、一番の重要ポイントでもあります。

猫のしつけの中でもトイレのしつけは、とても重要なしつけの一つですね。
猫の尿や便を通して健康管理もできますので、日ごろから回数などをチェックしておくことが、とても大切なことなんです。
トイレの場所なのですが、廊下の隅や部屋の隅など、出来る限り猫が落ち着いてできる場所に決めてあげることが望ましいです。

動物は本能的に、排泄行為を見られることを嫌うので、トイレの場所は目立たないところが良いでしょう。
なぜ嫌うかと言えば、排泄中というのは、まったくの無防備な状態になるからです。

それゆえに、家の中でも出来る限り人通りが少なく、静かなところにトイレを設置することが望ましいのです。

不安を感じるような場所での排泄行為をしないといけないとなれば、猫はトイレを嫌がります。
トイレを嫌がるようですと、必然的に他の場所でしてしまうことになるので、できるだけ落ち着ける場所をトイレとして選ぶようにしてあげてください。

その他にも、ネコは意外と綺麗好きなので、トイレのこまめなお掃除とお手入れを忘れずにしてください。

猫を飼い始めて、最初に家に来た時は、まず、トイレの場所を教えて上げましょう。
教えてあげることで、大抵の猫はトイレをその場所ですることを覚えるはずです。

トイレを覚えさせるタイミングなのですが、寝起きや食後、水を飲んだ後、遊んだ後などにトイレに連れて行くと、猫は覚えやすいようです。
また、猫をよく見ているとトイレのサインが分かりますので、サインが出たら猫をトイレに連れて行ってあげます。

トイレのサインというのは、床の臭いをかぎながらウロチョロし始めるとという感じが、そのサインです。
トイレのサインを見つけて、何回かトイレに連れて行くうちに、大抵の猫はトイレの場所を覚えるはずなのです。

もし、トイレの場所以外のところで排泄してしまった場合は、すぐにその場所を掃除して消臭スプレーなどで、臭いをしっかりと消してあげましょう。

トイレの場所を猫がわかるまでは十分に気をつけてください。

間違ってトイレを失敗した場所には、猫の鼻をつけさせてニオイをかがせてやり、そこがトイレではないことを覚えさせることも大切なことです。

猫のトイレのしつけも、やはり根気が必要です。
一旦覚えてしまえば、猫はそれほど間違えることはないので、覚えるまでは根気よく付き合ってあげましょう。

無駄吠え
噛み癖
散歩
留守番
しつけ相談
しつけ教室

 犬のしつけ

Copyright (C) 2008 ホームページタイトル. All Rights Reserved.

プライバシーポリシー